事業紹介

わたしたちのプロジェクト

すべての子どものための居場所(あそび場)に関する事業

こどぱにーは「すべての子どもが安心して暮らせる環境」を実現したいと考えています。子どもの数だけ子どもの個性があり、多様性があります。その多様性を失わずに、安心して過ごせる場所として「プレーパーク」と「フリースクール」の運営を行っています。

プレーパーク事業

プレーパークとは「自分の責任で自由に遊ぶ」ことができる場です。一般的な遊具が設置された公園とは異なり「何でもあり」が特徴です。木材を使って工作をするのもよし、火を起こすのもよし、ただただ穴を掘るのもよし。決まった遊びがないからこそ、自分で考えて判断し「やってみたい」が実現できる、子どもの可能性を発揮することができる場です。またプレーパークには必ずプレイワーカーと呼ばれる専門職が常駐し、プレイパークならではの子どもの成長を育む役割を担っています。こどぱにーは石巻で唯一の常設プレイパーク「黄金浜ちびっこあそび場」と移動式のプレイパーク「鹿妻プレーパーク ひがこー」の運営をしています。

プレーパーク新規開設サポート事業


プレーパークを実際にやってみたい!と思っても、何が必要で、何に注意する必要があるのか、最初はわからないことがたくさんあるはずです。そうした自分の地域でプレーパークを開催したい方に向けて、できる限り伴走しながら開催までの準備をサポートします。少しでもプレーパーク開催の敷居を低くし、プレーパークの普及に尽力していきます。

プレイワーク講座


こどぱにーの事例を交えて、プレーパークの概念や具体的な運営方法などを伝える講座をプログラム化し開催しています。各種自治体、子ども関係団体、企業や有志団体など、興味関心がある方がいれば日本国内どこでも実施をします。

インターンシップ


プレイパークを普及するにはプレイワーカーの育成が不可欠です。そのためにこどぱにーでは、少しでも関心がある方に向けてインターンシッププログラムを実施しています。常設のプレイパーク「黄金浜ちびっこあそび場」を中心に10日間から1年程度まで随時受け入れを行っています。プレーパークを開催したい方や、プレーワーカー志望はもちろん、保育士、教員を目指す方にも向いています。参加したい方はいつでもお問い合わせください。

フリースクール事業

子どもによって個性があり、中には「一般的な生活」を送りづらい子もいます。特に学校に行くことが難しい子どもたちの居場所は少なく、限られています。そうした子どもでも安心して過ごせるように「フリースクールぽはっく」の運営を行っています。すべての子どもが安心して過ごせる環境を実現するには「今、必要なもの」に寄り添うことが大切です。心を休める場所と時間、人との出会いやコミュニケーション、自然体験やものづくりを通し、一人一人と向き合い、その子が社会に出るためのサポートをしています。

子育てサポート事業

子どもが安心して暮らせる環境は子どもだけではなく、子育てを行う両親の環境を整えることも重要です。親が笑顔でいることができる環境で子どもが育てば自然と子どもも笑顔になります。こどぱにーは親自身がリラックスして楽しい気持ちで子育てを行えるようにサポート事業をしています。

未就学の遊び場 のびちび


常設プレーパーク「黄金浜ちびっこあそび場」では親と未就学児を対象にした開催日・時間を設けています。この時間に集まるみんなで互いの子育ての情報交換を行い、相談を受けたりもします。一人で悩まないような環境を用意し、常に寄り添えるように準備をしています。

子育て講座・ワークショップ


これまでの活動の経験から、子育てに役立つ講座やワークショップを開催しています。子どもとのコミュニケーションの取り方を学ぶ「楽楽コミュニケーション」、外遊びが脳や心身の発達にどう影響するのかを学ぶ「外遊びが子どもを育てる」といった知識を刺激する講座から、「魚のさばき方とお料理教室」や「子どもにやさしい食のお話」といった実践敵に役立つワークショップも開催しています。

子育て相談


子育てを行いながら悩みを抱える親御さんはたくさんいますが、相談できる専門機関は敷居が高く行く勇気もなかなか持てずに抱え込んでしまっているケースがたびたび見受けられます。こうした状況を改善するために、こどぱにーでは未就学児のあそび場の開催時間を中心にお悩み相談を受ける体制を整えています。

自然体験プログラム事業

プレーパークは「何でもあり」な場でさまざまなチャレンジができます。が、さらに多様なチャレンジができる場として「自然」を相手にした体験事業も進めています。

Ecoキャンプ”自然とともに”

究極的な子どものチャレンジの場としてEcoキャンプ事業を行っています。「水なし、ガスなし、電気なし」を前提に、食料と調味料も最低限しか準備しないサバイバルキャンプです。自分たちで海や山を駆けまわり食材を調達し、自分たちで調理を行います。大自然の恵みを体と心で感じ、普段とは異なったチャレンジができる場を提供しています。

地域・子ども支援団体との連携事業

こどぱにーは「子どもの笑顔が地域のなかで育まれるまち」を実現するために、地域との連携や、関連団体との連携に力を入れています。子どもが地域で見守られ、地域で育てるまちづくりを、地域のみんなで実施しています。

渡中学区WWI


WWIとは「わっしょいわたのは委員会」の略称です。こどぱにーの活動拠点である石巻市渡波地区の中学校区3校の保護者、民生委員、社協、子ども食堂などが連携した地域づくりに私たちも参画しています。

黄金浜げんき会


黄金浜ちびっこあそび場がある、石巻市渡波南黄金浜地区にて、子ども会、自治会、民間団体が連携して行う地域づくりにこどぱにーも参画しています。

鹿妻小応援団

石巻のプレーパークと子どもの遊びを考える会


石巻に子どもの居場所(児童館やプレーパーク)を地域住民とともに増やすことを目的に、子ども支援団体が連携して活動しています。石巻市への提言、座談会、意見交換会などを実施し、その結果2019年度の石巻市の予算にプレイパーク実施補助費が組み込まれました。今後も行政に対する働きかけを中心に、他団体と連携を取りながら活動を行っていきます。