2019/02/27/

フリースクール “ぽはっく” の紹介

今回はフリースクールの定義と、当会のフリースクールについて紹介します。

■フリースクールとは
学校に行けない子ども達は様々な背景を抱えています。いじめが原因で学校に行けなくなったり、勉強についていけなくなってしまったり…。その子にとって学校が安心できる居場所でなくなってしまいます。不登校の子は、不登校になりたくてなっているわけではありません。学校に行けない事に悩んでいる子がほとんどです。

そんな子どもをサポートし、社会に戻す場所がフリースクールです。フリースクールは、学習支援をおこなったり、復学を目的に活動をしたり、場所によって様々な特徴があります。

宮城県は児童生徒数に対する不登校数の割合が全国で最も多く、石巻市もその数は少なくない状態です。しかし、市内にある民間のフリースクールは3件しかないのが現状です。

 

■当会のフリースクール“ぽはっく”とは…
ぽはっくでは、決まったプログラムを持たず、子ども達が自分のペースで過ごし、「読書」「料理」「スポーツ」などの日常的な事から、お泊り会や合宿を子ども達が企画したり、夏には海遊びやマリンスポーツなど様々な体験・経験ができます。その中で人との出会いやコミュニケーションが生じ、多様な価値観や考え方に触れることが、その子自身の成長につながると考えています。ぽはっくでは子ども自身が“自分を見つける”事を大切にし、スタッフはそのサポートを行っています。

(遠足で水族館へ!何処に行きたいかは皆で話合って決めます。)

(編み物体験!)

(お昼ご飯は、メニューを決めるところから、買い出し、調理まで皆でやります!)

(漫画を読んだり、ゲームをしたり、動物と触れ合ったり….。 ぽはっくでは「何もしない時間」も大切にしています。)

学習について
10時~11時までは「静かに過ごす時間」
この時間に勉強をしたい子は、スタッフと一緒に勉強をします。
子ども自身が勉強の必要性を感じ、「勉強がしたい」と思わない限り『身になる学習』にはつながりません。逆を返せば、必要性を感じた子どもは、驚くほど意欲的に学び始めます。
ぽはっくでは「子どものやってみたい」という気持ちをサポートしながら「学ぶことの大切さ」を伝えています。

 

 

 

 

 

 

2018/12/02/

大根畑

夏には、じゃがいもがたーっくさんとれた畑に

冬は大根がにょきにょき顔を出しています。

じゃがいも君たちにつづき、大根にょきにょきを植えてくれたのも

あそび場のとなりに住んでいるおばちゃんです。

子どもたちに畑仕事や、お料理をして

美味しい野菜を食べて欲しいといつも畑のお世話をしてくれている優しいおばちゃん。

道端で会っても、いつでもどこでも

にこにこ話しかけてくれるおばちゃんがみんな大好き。

 

おばちゃんのおかげで大根抜きの面白さに目覚め

好きがあれば抜こうとする未就学児のおともだち。(笑)

大きな大根が抜けて目がキラッキラなお友達。うれしそーだったなー!

もちろん味も美味しいのです。採れたてほやほやの野菜を食べれるなんて

ほんとに幸せですねー!

芋煮に、シチューに、大根スープ、大根サラダ、漬物。。。

なににいれてもとっても美味しい!

おばちゃんいつもありがとう!!

2018/10/10/

小学校にお邪魔してきましたー!

先日、市内の二つの小学校でのイベントに参加してきましたー!

1つは、湊小学校さんの体育館で行われたNPO法人ぱんぷきんさん主催の”みなと子育てフェスタ”。

台風が直撃するというアクシデントにもめげす元気なおじいちゃんおばあちゃん、親子があそびにきてくれました。

ここでは、なが~いしろ~い紙を舞台に、子どもたちも、大人も、おばあちゃんも

色々な遊びを展開していました。

新聞で立体的な毒キノコ作りもやったよー!

もちろん、大工仕事も。
初めて触れるのこぎりや、金づちのおもしろさにはまる子続出でした。

お絵かきするあんよがかわいい。。

なが~い線路をつくって電車も走ったよ~。

またある日のこと、

この日は、万石浦小学校での世代間交流会”あ・そ・ぼ” に参加してきましたよー!

この会は、地域をいつも見守ってくれている民生委員さんや、区長さんが中心に開催している楽しいこどもイベントです。

射的ゲームや、わなげ、型抜き、アートバルーンなどど、思考をこらしたゲームコーナーがたくさんあってスタンプラリー形式で子ども達がまわります。

こどぱにーは、駒回しコーナーと、手作り駒コーナーを担当しました。

おじいちゃんも、子ども達も一緒に夢中になれる遊びってすごいですね!

子ども達はもちろんとってもたのしそうでしたが、運営側のおじちゃん、おばちゃんたちがすごく楽しそうで表情が輝いていて

本当に素敵なイベントでした~!!

2018/08/24/

サバイバルキャンプ〜6日目〜

キャンプ最終日!

今日はお家に帰る日!
…がしかし、何もしないで帰るわけがない!
最後の朝は4時に起床!
釣りに行ってきましたよ(起きるの大変だったぁ)

残念ながら日の出は見れなかったけど、
「けろ〜雲が綺麗だぞ〜」
という声が聞こえ、みると雲から光が差し込んでとっても綺麗だったわぁ。

やはり、早起きは三文の得やね❤️

飛び入り参加の大学生がカレイを釣って大盛り上がり!

その場でさばいて刺身で食べましたよ。

醤油なんてなくても美味しいのよね〜

海藻を身にまとったカニさんも釣れちゃって…

眠さと戦いながらも楽しい時間でした。

…最後は寝入った子もいたけどね(笑)

キャンプ地に持ち帰ったのはサバの子ども4匹。
お留守番チームとみんなで、朝ごはんで唐揚げにしていただきました。

いろんな事が毎日ありすぎて盛りだくさんのキャンプももう終わり。

事前にプログラムを決めずに、毎朝みんなで話し合ってその日のスケジュールを決めるのが、こどぱにーキャンプの特徴だから、子どもの「やってみたい」はその日にならないとわからないのです。

食料も現地調達だから、釣りも真剣。

5時間かけてご飯を作る時もあるから、だいたい1日2食。

風呂はドラム缶。

おやつにクッキーや水飴をかまどで作り、

沢を冷蔵庫と呼び、野菜や飲み物の保存場所。

洗濯、食器洗い、干物も沢の木陰で干しました。

ケンカをしたり、たわいもない会話にみんなで大笑いをした6日間はあっという間に終わりました。

「あと一週間は居たいなぁ」という声も聞こえてきて、私も同感〜!

6日間の大家族旅行のようなキャンプは終わり、日常の生活にみんな戻ります。

それぞれがこのキャンプ地をどう感じたかはまた後日感想を聞くとして、まずは楽しく、怪我もなく終わりいがったいがっだ。

お世話になったNPO法人浜わらすの皆さん、ありがとうございました😊

けろけろ

2018/08/23/

サバイバルキャンプ2018〜5日目〜

5日目も晴天!
テントの中に朝日が差し込み、
日差しの暑さで自然に目が覚めます。

昨晩釣ったお魚を捌いて、
朝ご飯の準備にとりかかります。

沢にはステキなブランコが登場!
子供達も大喜びで水遊びが始まります。

メニューは冷汁やかき揚げなど。


暑いので涼しい沢でご飯。
最高に気持ち良かった〜♪
7時に起きて、食べ始めたのが12時(!?)
なんと気付けば5時間もかけてご飯を
作っていました。

午後はみんなで海へ!
台風が近づいてるため海は荒れ模様でしたが
子供達は高い波に大興奮で
大はしゃぎしていましたよ〜☆

お留守番組の子供達は、晩ご飯やお風呂の準備を積極的にお手伝いしてくれていました♪


地元の方に頂いたホヤと
昨晩釣ったメバルの干物など豪華な夕ご飯。
干物は子供達に大人気でした☆


みんなでワイワイ楽しくご飯を食べられるのが
明日で最後のだと思うと何だか少し寂しくなります。

明日は朝4時から釣りに行きます。
最終日もめいいっぱい楽しみますっ!

きみ

2018/08/22/

サバイバルキャンプ2018〜4日目〜

今日はのんびりデー。

昨日は、夜釣り。今朝はゆっくり起きて沢でミーティングしました。

朝ごはんは、夕べ釣ったメバルのフライの甘酢あんかけ、鹿肉たつた揚げ、前日に焼いた魚たち、あら汁。

みんな豪華なご飯に興奮。

今日は、初めてキャンプ地で沢遊びや、クッキーづくりをすることに決定。

思い思いに、生地の分量を決めて、クッキーを作りました。

出来上がりもみんなそれぞれ。
個性豊かなおいしいのクッキーたちができました。

そして、夕方にはまた夜釣り隊はでかけていき、あしたの朝ごはんもご馳走決定。

みんな眠気と戦いながらがんばった!

のんびり過ごす中で、グーンとこどもたちの距離も近づいた一日でした。

えりっちょ

2018/08/21/

サバイバルキャンプ2018〜3日目〜

今朝は早起きをして、地元の漁師さんが水揚げした魚のお裾分けをもらいに浜まで行ってきました!サバ、カレイ、ホウボウなど色々な魚と一緒になななんとマグロ様がいました!
船の上で魚をさばき、ベースに戻ってからサクにしていただきまーす!


朝からすし飯つくって贅沢にお寿司を食べましたよ〜

ネギトロ、マグロ漬け、アラ汁…むちゃくちゃ美味しかったねぇ。

その後は、海で釣りと泳ぎと…
一日中遊び通しの日でした!

お昼はカレー弁当!
といっても、昨日の夜に作ったカレーを海に運んでみんなで食べたんだけど、これがまた美味しかった!
みんなで海を前にして食べるカレーは格別だったなぁ

ベースまでは徒歩で約15分の道のりを毎日歩いて移動するけど、チビ助たちのペースに合わせて歩いてあげる優しいお姉ちゃん姿もほっこりしました。

そして…
毎朝、みんなで話し合って決める一日のスケジュールのしめは夜釣り。

昼間と違ってバンバン釣れる魚にテンション上がりまくる子ども達!

いがっだね〜!

とても満足そうな笑顔に私もテンション上がっています!

サバイバルキャンプの食材は現地調達ですが、明日の食材もこれで安泰かなぁ

けろけろ

2018/08/20/

サバイバルキャンプ2018〜2日目〜

サバイバルキャンプ2日目☆
キャンプ日和のいいお天気!

すぐ横にある沢で頭を洗ってしてサッパリ☆
今日もめいいっぱい楽しむぞー!

朝食は昨晩沢で採ったエビを素揚げにして
味噌汁へ。

昨日深夜までかかって仕込んだ、
パンとみたらし団子も登場!
出来上がりに満足そうな様子でみんなに分けてくれました♪


そして今日はみんなで海へ!
それぞれ泳いだり、釣りをしたり、泥団子を
投げ合ったり楽しみました♪

棒倒しで盛り上がったり、

砂に埋まってみたり…

気付けばお昼を食べるのも忘れて遊んでいました。
夕食のメニューはカレーと流しそうめん!
もちろん子ども自ら竹を切って準備します。


ゴーグルをつけて準備万端で玉ねぎを切る!

みんなで作って一緒に食べるご飯は最高に美味しかったです♪
明日はどんな1日になるのかワクワクします。

きみ

2018/08/19/

サバイバルキャンプ2018〜1日目〜

サバイバルキャンプ1日目。

バスに揺られること約2時間。キャンプ地に到着。
今回の舞台は宮城県気仙沼市。

海も近い山もある。大自然に囲まれた素敵な場所です!

到着したらまずは拠点の確保!


リビングとキッチンをつくり、自分のテントは自分で建てます。
「みんなテント建てねぇのかー!?このテント俺一人用にすっとー!!」
子ども同士でお尻を叩き合ってテントを建てていました(笑)

そうこうしていると、夕方になっていました。

「今日は海に行くの難しいかなぁ…。」
そんな事を考えている内に海釣り隊が結成されていました(笑)

釣りも浜遊びも一通り楽しんで、拠点に帰ってくる頃にはもう既に真っ暗。

ライトを消してみるとそこには満天に広がる星空がありました。(写真で伝えられないのが悔しい^^;)

沢の流れる音や虫たちの鳴き声の中、上を見上げれば星空。寒くなったらキャンプファイヤーを眺めながら暖まる。

昼間は設営や海遊びでバタバタ動いていましたが、夜はまったり時間が過ぎていきました^^

ロッキー

2018/08/11/

子ども会立ち上げ夏祭り

子ども会ってご存知ですか?

住んでいる地区の子どもの集まりで、
子どもの保護者主体で、子どもたちが楽しめるイベントや、活動費を生み出すための廃品回収などを行ったりしています。

石巻では、震災の影響で、地区がバラバラになり、新たなコミュニティーを形成しなくてはならない場所がたくさんあります。

あそび場がある渡波もその地域で、黄金浜地区は、このあたりの地区では一番子どもも多いのですが、まだまだ子ども会再開までには至っていませんでした。

かつてあったお祭りや、地域の繋がりが途絶えたままで、さみしいと声をあげた地域のお母さんが動き出し

まずは、あそび場を使って、有志で夏祭りをやってみることになりました。

話し合いには、区長さんや地域の人も入り、かつての子ども会の運営方法なども知ってる人を探して聞いたり

震災の混乱のまま整理されていなかったことが、7年経ってやっと見えて来ました。

夏祭りの内容については、地区の子どもたち主導できまりました。

みんな思い思いに意見を出し、活発な話し合いになっていました。

そして、迎えた当日、天気はやや怪しいものの、地域の人や、他の地区の子どもたちも

遊びにきて楽しい夏祭りになっていました!

やきそば、フランクフルト、型抜きやさん、かき氷、トロピカルジュースやさん

ホットケーキやさん、スイカ割り、靴とばし大会、種とばし大会、めんこ大会。。。


盛りだくさんの内容でした!

途中、ザー!!!!っと雨が降り、雷が鳴り

祭りは、室内でのカラオケ大会になりましたが、夏休みのいい思い出になったようです。

夏祭りの準備で大忙しだった母さんたち。たいへんお疲れ様でした!!

秋も楽しいイベントを企んでいるようです!!楽しみにしています!

えりっちょ

                         
                            おまけ
            「雨でずぶ濡れになって、あそび場にあったおさがりのこども服を着たロッキー氏」