2019/04/05/

黄金浜ちびっこあそび場の春休み


火曜日、木曜日、金曜日に開催している未就学児の『のびちび』
春休みなので大きいお姉さんやお兄さんが来てくれて、ちびっこも嬉しいね
お姉さんが、丸いホットケーキを焼いていました。


機関車が大好きな男の子のママが制作しました!
とっても上手、素敵だね。

キャプテン

2019/04/04/

ぽはっく合宿

3月24日~26日にぽはっく合宿に行って来ました!
牡鹿のキャンプ場でケビン棟を1棟借りて合宿してきましたよー。

ぽはっく合宿1日目。
1日目はキャンプ場の周りの散策をしました。
キャンプ場に着き、荷物を降したらそのままキャンプ場の周りの散策へGO!
行きたい気持ちが抑えられずに先に進んでいってしまう人も。
散策をする中で近くに海があることを発見。海に行こうとするもなかなかの山道・・・。
しんどいという声がありながらも、みんな着実に一歩ずつ前へ。
そして、苦労したからこそ海に着いた時の感動と興奮は最高のものになりました!

ぽはっく合宿2日目。
2日目は鮎川港に釣りをしに行きました。
釣りが初体験の人も、何回もやったことがある人から教えてもらいながらやっていました!
何も釣ることはできなかったけど、釣りができて楽しそうでした!
釣りに全体力を使って帰り道にそのまま寝てしまう人も。

ぽはっく合宿3日目。
3日目は1日目に行った砂浜にもう一度やってきました。
1日目に来た時とは時間帯が違うこともあり、1日目とは景色が違っていました。
誰かが洞窟を発見するとみんな大盛り上がり!そのまま洞窟探検が始まりました。
すると1日目には行けなかった砂浜に繋がっており、たどり着いた時にはみんなテンションMAXになっていました!

3日間を通して、普段は行けないようなところに行けてとても楽しかったけれど、キャンプ場でみんなで過ごした何気ない時間もとても楽しかった。
みんなでご飯を作ったり、UNOをして遊んだり、合宿定番の枕投げをしたり。
テラスに出て、金華山を見ながら優雅に朝カレーを食べた日もありました。
3日間通して、どの瞬間を切り取っても子どもたちの顔が輝いていたと思います。
みんなの一体感がすごかった!!!

(わこう)

2019/02/27/

フリースクール “ぽはっく” の紹介

今回はフリースクールの定義と、当会のフリースクールについて紹介します。

■フリースクールとは
学校に行けない子ども達は様々な背景を抱えています。いじめが原因で学校に行けなくなったり、勉強についていけなくなってしまったり…。その子にとって学校が安心できる居場所でなくなってしまいます。不登校の子は、不登校になりたくてなっているわけではありません。学校に行けない事に悩んでいる子がほとんどです。

そんな子どもをサポートし、社会に戻す場所がフリースクールです。フリースクールは、学習支援をおこなったり、復学を目的に活動をしたり、場所によって様々な特徴があります。

宮城県は児童生徒数に対する不登校数の割合が全国で最も多く、石巻市もその数は少なくない状態です。しかし、市内にある民間のフリースクールは3件しかないのが現状です。

 

■当会のフリースクール“ぽはっく”とは…
ぽはっくでは、決まったプログラムを持たず、子ども達が自分のペースで過ごし、「読書」「料理」「スポーツ」などの日常的な事から、お泊り会や合宿を子ども達が企画したり、夏には海遊びやマリンスポーツなど様々な体験・経験ができます。その中で人との出会いやコミュニケーションが生じ、多様な価値観や考え方に触れることが、その子自身の成長につながると考えています。ぽはっくでは子ども自身が“自分を見つける”事を大切にし、スタッフはそのサポートを行っています。

(遠足で水族館へ!何処に行きたいかは皆で話合って決めます。)

(編み物体験!)

(お昼ご飯は、メニューを決めるところから、買い出し、調理まで皆でやります!)

(漫画を読んだり、ゲームをしたり、動物と触れ合ったり….。 ぽはっくでは「何もしない時間」も大切にしています。)

学習について
10時~11時までは「静かに過ごす時間」
この時間に勉強をしたい子は、スタッフと一緒に勉強をします。
子ども自身が勉強の必要性を感じ、「勉強がしたい」と思わない限り『身になる学習』にはつながりません。逆を返せば、必要性を感じた子どもは、驚くほど意欲的に学び始めます。
ぽはっくでは「子どものやってみたい」という気持ちをサポートしながら「学ぶことの大切さ」を伝えています。

 

 

 

 

 

 

2019/01/14/

◎フリースクール“ぽはっく”活動費への募金のお願い

今年もみやぎチャレンジプロジェクトに挑戦させていただきます。

宮城県は不登校数が全国で第一位と言われ、石巻市もその数は少なくありません。しかし、市内にはフリースクールの数が少なく、行き場を失っている子どもが数多くいます。

こどぱにーでは、プレーパークに来る子どもの中に「プレーパークには来れるけど学校には行けない」子が何人もいたことから、助成金を申請し2016年秋にフリースクールを開設しました。でもその助成も2019年3月で終了します(東日本復興支援財団より助成いただきました)

4月以降も活動を継続していくために、みなさんのご協力をお願いします。

目標金額は150万円。

達成すると、フリースクール開催費用の他に、行政や教育機関との連携、他団体との連携体制づくりを行うことができます。

みなさまと共に、ぽはっくの活動を育てていきたいと願っていますので、ご協力をお願いいたします。

 

【募金方法】

★クレジット決済の方
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org07

 

★銀行振込みの方(ゆうちょ銀行)

  ■ゆうちょ銀行からお振込の場合
  振込み先銀行名:ゆうちょ銀行
  記号:18160
  番号:24803891
  名義:(トクヒ)コドモムゲンカンパニー
  ※入金された方はその旨を電話もしくはメールにて事務局にお伝え下さい。
 
  ■ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振込の場合
  振込み先銀行名:ゆうちょ銀行
  店名:八一八
  種目:普通預金
  口座番号:2480389
  名義:(トクヒ)コドモムゲンカンパニー
  ※恐れ入りますが、振込手数料に関しましてはご負担をお願い致します。
  ※入金された方はその旨を電話もしくはメールにて事務局にお伝え下さい。

 
  ■ゆうちょ銀行振込用紙にてお振込の場合
  以下のアドレスに「お名前」「住所」「連絡先」をご記入し送信してください。
  事務局より振込用紙をお送りします。 ※振込手数料が無料です。
  info@codopany.org

 

★スタッフに手渡し
プレーパーク開催時にお越しください。それ以外の時間でも対応可能ですのでご連絡ください
事務局 090-5902-0307(担当:ますたに)

2018/12/17/

Tシャツプレゼント(寄付月間)

12月は寄付月間だよー
(詳しくは寄付月間HP→http://giving12.jp/)

こどぱにーでも賛助になってくれた方や寄付者の方に「Tシャツプレゼントキャンペーン」を行います!

本当は12月の頭からやりたかったのですが、、、遅れてしまったので1月31日までやります!

【賛助会員・寄付の申し込み】

支援のお願い

こどぱにーのことあまり知らないしなーと言う方はHPを見て興味を持ってもらえると嬉しいです♪
【こどぱにーHP】
http://codopany.org/

【問合せ】
電話(090-5902-0307)またはメール(info@codopany.org)でお問い合わせください。