活動ブログ

日々の活動を記録します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表のコラム
  4. [こどぱにーの日] リアルおままごとは究極の遊び♪

[こどぱにーの日] リアルおままごとは究極の遊び♪

みなさんこんにちは けろこと田中雅子です。

毎月8日はこどぱにーの日です(昨年から勝手に決めました(笑))
こどぱにーの日では、日頃こどぱにーを応援して下さる人たちに感謝の気持ちを込めて活動を紹介する日です。
皆さまからのご支援が、子どもの育ちにどのように役立っているか、子どもの声や私たちから見た成長をご紹介させていただきます。

今回は、プレーパークわたのは(以下「プレわた」)に来る男の子のお話を紹介しますね。
プレわたでは、近隣のおばあちゃんと子どもが一緒に耕したり、種まきをする畑があります。春はツボミナという甘くておいしい菜っ葉があります。プレーパーク開催中に私がお昼ごはんのおかず用にと収穫していると、A君が「けろちゃん何してるの?僕もやりたい」とやってきました。

私の収穫方法を真似て、A君もポキポキポキポキ
その時「やっぱ、ここは楽しい~!!」と大きな声で叫びました。

私は笑いながら「そっか~楽しいんだ~良かったね。茹でるのも一緒にやる?」と聞くと「え~いいの?やりたーい」というので、ツボミナを洗ってもらい、私はゆでる準備をすることにしました。

ササっと洗えば良い菜っ葉類。でもA君は「楽しいな楽しいな」といって揉み洗い(笑)
「もうそれぐらいでいいかもよ~」と声をかけても楽しくて手が止まらないので「まぁいいか(笑)」と思って任せることにしました。
「洗えたよ~」と持ってきたツボミナは、揉まれ過ぎて色が変わっていましたが(大笑)、食べた時も「美味しい♥」と大喜びでした。

私は、これも遊びの一つだと思います。
おままごとって子どもの代表的な遊びですよね。おままごとは主にお母さんが自分のためにご飯をつくっている場面をみて、それを真似するものです。

土や水、草などを使っていろいろな料理が誕生します。
プレわたでは、毎週末つくるお昼ご飯は『リアルおままごと』で、究極の遊びなのです。

家ではなかなかできないお料理を、ここではみんなでつくって食べますが、これは『遊び』から『学び』が生まれ、『生きる力』の一つになっています。

他では経験しづらいことが、ここに来るといつもできる。子どもの成長の場になっていると確信しています。 いつも応援していただきありがとうございます。

石巻より感謝を込めて…

けろ

寄付のお願い

私たちの活動は多くの方の寄付に支えられています。子どもたちの「いま」と「これから」をわたしたちと一緒に支えませんか。サポーターを大募集しています!
https://codopany.org/support/

関連記事