『ちょっと先とちょっと後』

2018/03/31/


黄金浜のあそび場(プレーパーク)には、0歳からじっちゃんばっちゃんまでの多世代が集まり、それぞれの時間を過ごしています。
決して広くはないので、遊びの空間が重なりあうこともよくあります。例えば…
小学生がサッカーをしている中に1歳児のちびっこが混じってボールを追いはじめたり、大型すべり台の上と下で激しい鬼ごっこをしているところに3歳児もすべり台で遊び始めたり、中学生が野球をしているところに、小学生チームも野球をやりに来て戸惑っていたり…。そこでどうするか見守っていると…。
一緒に遊び始めるんです。
サッカーを中断し小学生が1歳の子にやさしくボールを投げてあげ、3歳の子をおんぶしながら何回もすべり台を上り降りして、鬼ごっこが別の遊びに変わり、小中学生が一緒に野球の試合を始めます。
また、常連の小中学生にはそれぞれお気に入りの幼児さんがいるようで、「俺、〇〇のことむっちゃ好きだぁ」と抱っこして離さない中学生男子や「△△のことなら何でも許せる位可愛い~」と言って一緒に泥んこになって遊び、最後のお着替えまで面倒をみる小学生女子がいたり。こんな光景を目にするたびに、ほっこりした気持ちになるんですね~。(ちなみに子ども達は、私にはこんなに優しくありません(笑)。
この子達にとって、年下の子と一緒にいる事は「~してあげている」ではなく、自然と沸き上がる本能なんだなと思います。ここは“地域の大人が子ども達の成長を見守る場所”だと思ってきましたが、私達大人も含め、‟ちょっとだけ先に生まれてきた人が、ちょっとだけ後に生まれた人の成長を見守る場所”なのかもしれません。
先日、常連の3歳児親子が遊びにきて、「他にもいろいろ子どもと遊ぶ場所はあるけれど、ここだけは私達親子が安心してこれる場所なの。息子と私、二人だけの場所なんだぁ」
と言っていました。そんなお母さんも、小中学生となかよくおしゃべりしながらみんなの遊びを見守ってくれている大人の一人です。様々な年齢の人に囲まれ、お互いが育て合う空間。私自身もここれ育てられているな~と感じています。

代表理事 田中雅子(けろ)