サバイバルキャンプ〜6日目〜

2018/08/24/

キャンプ最終日!

今日はお家に帰る日!
…がしかし、何もしないで帰るわけがない!
最後の朝は4時に起床!
釣りに行ってきましたよ(起きるの大変だったぁ)

残念ながら日の出は見れなかったけど、
「けろ〜雲が綺麗だぞ〜」
という声が聞こえ、みると雲から光が差し込んでとっても綺麗だったわぁ。

やはり、早起きは三文の得やね❤️

飛び入り参加の大学生がカレイを釣って大盛り上がり!

その場でさばいて刺身で食べましたよ。

醤油なんてなくても美味しいのよね〜

海藻を身にまとったカニさんも釣れちゃって…

眠さと戦いながらも楽しい時間でした。

…最後は寝入った子もいたけどね(笑)

キャンプ地に持ち帰ったのはサバの子ども4匹。
お留守番チームとみんなで、朝ごはんで唐揚げにしていただきました。

いろんな事が毎日ありすぎて盛りだくさんのキャンプももう終わり。

事前にプログラムを決めずに、毎朝みんなで話し合ってその日のスケジュールを決めるのが、こどぱにーキャンプの特徴だから、子どもの「やってみたい」はその日にならないとわからないのです。

食料も現地調達だから、釣りも真剣。

5時間かけてご飯を作る時もあるから、だいたい1日2食。

風呂はドラム缶。

おやつにクッキーや水飴をかまどで作り、

沢を冷蔵庫と呼び、野菜や飲み物の保存場所。

洗濯、食器洗い、干物も沢の木陰で干しました。

ケンカをしたり、たわいもない会話にみんなで大笑いをした6日間はあっという間に終わりました。

「あと一週間は居たいなぁ」という声も聞こえてきて、私も同感〜!

6日間の大家族旅行のようなキャンプは終わり、日常の生活にみんな戻ります。

それぞれがこのキャンプ地をどう感じたかはまた後日感想を聞くとして、まずは楽しく、怪我もなく終わりいがったいがっだ。

お世話になったNPO法人浜わらすの皆さん、ありがとうございました😊

けろけろ