やってみたいが勝った瞬間

2019/10/06/

今年もぽはっくでSUPの体験をしに十八成浜にやってきました!

※SUPとは…。

Stand Up Paddleboardの略。サーフボードの上に立ち、1本のパドルを使って水面を進むマリンスポーツです。

今回は一人の女の子をピックアップ!

この子は3年前からSUPを体験していましたが、一回も立って漕いだことがありませんでした。毎回自信がなさそうに「自分にはできない。」「怖いし海に落ちたくない。」ということを言っていました。

この日も最初は「無理だよー。」と言っていましたが、漕いでいるうちに「ちょっと挑戦してみようかな~!」とチャレンジしてみることに!

いつもならすぐ諦めてしまう彼女ですが、この日は粘り強く挑戦していて、何とかSUPの上で”しゃがむ”ところまではできるように!しかし、ここから”立つ”までが長く、とても苦戦している様子でした。スタッフに「しゃがむまでは出来るんだけど、こっからどうやって立つの!?」と立ち方のコツを聞きながら何度もSUPの上で屈伸運動を繰り返していました(笑)

練習を始めて20分が経つ頃にはSUPの上に立てるようになっていました!「怖いと思ってたけど、立ったら意外となんともなかった!」と言って、初めて立てたことがものすごく嬉しそうでした!

彼女の中で、「自分にはできない。」という気持ちより「SUPの上に立ってみたい。」という気持ちが勝った瞬間でした^^

また一つ成功経験を積んだ子ども達。

やったことがない事や、やってみたいと思った事に挑戦してみて成功する。出来なくても挑戦してみる。一連の経験が大切なんだな~と、常々感じます。

ロッキー