2018/04/02/

夫が5歳の子どもにyoutubeをずっとみせてしまい、子どもへの影響が心配です。

視力の低下やyoutubeへの依存が出てくる心配はありますね。
まずはご夫婦で子育て感について話し合い、ルールを決めましょう。
例えば一日30分。これは年齢に応じて決めればいいですが、5歳であればこれ位の長さがいいかもしれません。
それを子どもに「30分観たらyoutubeはおしまい。約束できるなら観ていいよ」と伝え、時計が読めなくても指で数字をさしながら「長い針が6のところにきたら」と教えてあげてください。そして時間になったら、どんなにだだをこねても「終了」です。
可哀そうだからもう少しだけ…は、一貫性がないためかえって子どもの混乱を招きます。
また、夫婦も一貫した声掛けが大切です

2018/03/31/

3歳の子どもが遊んでいるのを友達に邪魔されると暴力をふるってしまいます。

第一次反抗期で、自我が目覚めてくる年齢です。脳の発達が進み、好みが確定してきますが、言語の発達は追いついていないため、自分の行為を邪魔されるとつい暴力で感情表現をしてしまいます。
「ぶったら痛いよ~」「ぶたないで『やめて』って伝えるんだよ」と繰り返し教えてあげてください。
ただ、過度の暴力(武器を使うなど)でなければある程度は見守ってあげてください。喧嘩しながらも子ども同士で解決していきます。
自分で善悪や痛みを考える力を、子どもは持っています。

2018/03/31/

『ちょっと先とちょっと後』


黄金浜のあそび場(プレーパーク)には、0歳からじっちゃんばっちゃんまでの多世代が集まり、それぞれの時間を過ごしています。
決して広くはないので、遊びの空間が重なりあうこともよくあります。例えば…
小学生がサッカーをしている中に1歳児のちびっこが混じってボールを追いはじめたり、大型すべり台の上と下で激しい鬼ごっこをしているところに3歳児もすべり台で遊び始めたり、中学生が野球をしているところに、小学生チームも野球をやりに来て戸惑っていたり…。そこでどうするか見守っていると…。
一緒に遊び始めるんです。
サッカーを中断し小学生が1歳の子にやさしくボールを投げてあげ、3歳の子をおんぶしながら何回もすべり台を上り降りして、鬼ごっこが別の遊びに変わり、小中学生が一緒に野球の試合を始めます。
また、常連の小中学生にはそれぞれお気に入りの幼児さんがいるようで、「俺、〇〇のことむっちゃ好きだぁ」と抱っこして離さない中学生男子や「△△のことなら何でも許せる位可愛い~」と言って一緒に泥んこになって遊び、最後のお着替えまで面倒をみる小学生女子がいたり。こんな光景を目にするたびに、ほっこりした気持ちになるんですね~。(ちなみに子ども達は、私にはこんなに優しくありません(笑)。
この子達にとって、年下の子と一緒にいる事は「~してあげている」ではなく、自然と沸き上がる本能なんだなと思います。ここは“地域の大人が子ども達の成長を見守る場所”だと思ってきましたが、私達大人も含め、‟ちょっとだけ先に生まれてきた人が、ちょっとだけ後に生まれた人の成長を見守る場所”なのかもしれません。
先日、常連の3歳児親子が遊びにきて、「他にもいろいろ子どもと遊ぶ場所はあるけれど、ここだけは私達親子が安心してこれる場所なの。息子と私、二人だけの場所なんだぁ」
と言っていました。そんなお母さんも、小中学生となかよくおしゃべりしながらみんなの遊びを見守ってくれている大人の一人です。様々な年齢の人に囲まれ、お互いが育て合う空間。私自身もここれ育てられているな~と感じています。

代表理事 田中雅子(けろ)

2018/03/31/

[終了]宮城チャレンジに挑戦しています!

赤い羽根共同募金『みやぎチャレンジプロジェクト』に挑戦しています!
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org11
期間内(3/31迄)にこどぱにー宛ての寄付額に応じて、共同募金会さまより「マッチング寄付」が加算されるプロジェクト。

■プロジェクト内容
安心して過ごせるあそび場×こども食堂@石巻
「一緒にごはんを作って、一緒に食べようよ。ここは、いつでも誰でもきていい場所だから・・・」
いま子どもたちには、そんな場所が必要です。」

<セーフティーネットとしてのあそび場と子ども食堂>
のびのびあそぶ中で、子どもたちはふと小さなSOSを発することがあります。プレイワーカーはそれを見逃さずにキャッチし、地域や、学校、専門機関との連携を取り、地域住民とともに子どもたちを見守っています。
いつでも安心して立ち寄り、みんなで楽しくご飯をを食べれるような環境を整えることで子ども達を守ることができます。

■寄付の方法
①専用の払込用紙にて
※郵送致しますので、「払込用紙送って!」とコメントください!折り返しメッセージします。
※手数料はかかりません。

②クレジット決済
http://donate.akaihane.or.jp/products/detail.php?product_id=459
※2,000円以上のご寄付からご利用いただ
※システムの都合上、クレジット会社からの寄付の連絡に時間を
要するため、お礼のご連絡に時間がかかります。

よろしくお願いいたします!

=========================
※本プロジェクトへの寄付は、共同募金会経由の指定寄付扱いとなり、法人・個人ともに税制優遇を受けられます。
法人の場合は寄付全額が損金算入され、個人は確定申告で所得税が還付されます。
どうぞご活用ください!

2018/03/11/

黄金浜ちびっこあそび場が「今ある」わけ

2011年3月に初めて石巻に来た時は、この地でNPO法人を立ち上げ、あそび場を継続するなんて思いもしませんでした。
1週間で帰るつもりでいたのに…。ご縁って不思議ですね。
私は以前に3つのNPO法人で子どもや海の環境保全に関わる活動をしてきましたが、企業で務めた時との違いは、「一つの目的に向かい多くの人と共につくり上げてきたこと」でした。
もちろん企業にも「目的」はありますが営利事業とは違い、利害関係を抜きにした『人』が関わり、そこには多くの人の『思い』がありました。
2011年9月、黄金浜ちびっこあそび場が始まった頃にいつも遊びに来ていた、当時小学4年生の男子たちが今では高校3年生です。


彼らがたまに顔を出しては『けろばぁ(この子らは私をこう呼ぶんですよ~(笑)、俺たちが来ていたからあそび場を続けようって思ったんだよなぁ~(ニヤニヤ)』と話していきます。
当時は、あそび場にあるものを壊し、お菓子のゴミを食べた先から捨て、有刺鉄線が張ってある立ち入り禁止の中で遊ぶなど目が離せないやんちゃ坊主でしたが、毎回欠かさず遊びに来る超常連でもあり、元祖遊具たちのほとんどは彼らと一緒に考えてつくり、そして彼らとあそび場のルールを決めてきました。喧嘩もしたし、一緒にご飯を食べて、たくさん笑いました。
彼らと一緒に過ごす中で「子どもには、こんな場所とこんな大人が必要なのかも…」と感じたのかもしれません。
だからこの子たちが言う通り、彼らがいたから今のあそび場があるんだと思います。
私たちの活動は『人』の『思い』が積み重なって出来ています。だから続けてこれたし、これからも続けていきたいと…そして必要な場だと感じています。
「すべての子ども達が笑顔で過ごすために」「子どもの成長を地域で見守っていくために」 この【共通の思い】をもつ仲間と一緒にこどぱにーを育てていきます!

2018/03/09/

[終了]復興バー「こどぱにー応援Night」やりまーす

【3/9(金)復興バーにて「こどぱにー応援Night」やりまーす!】
~飲んで笑ってこどぱにーの応援しちゃおう♪~

時間は19:00~24:00です!

売り上げはこどぱにーが挑戦している「寄付目標額100万円!宮城チャレンジプロジェクト」に寄付します!
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org11

クセの強い3名のスタッフが皆さんをお待ちしています(笑)
遊びに来てねー(^^)/

=======================
【ご支援と拡散・シェアのお願い(3/31迄)】

赤い羽根共同募金『みやぎチャレンジプロジェクト』にて100万円の寄付を集める挑戦をしています!
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org11

■プロジェクト内容
<セーフティーネットとしてのあそび場と子ども食堂>

■寄付の方法
①専用の払込用紙にて
※郵送致しますので、「払込用紙送って!」とコメントください!折り返しメッセージします。

②クレジット決済
https://goo.gl/L5zmDk
※2,000円以上のご寄付からご利用いただけます!
※システムの都合上、クレジット会社からの寄付の連絡に時間を要するため、お礼のご連絡に時間がかかります。

③振込(名義:(トクヒ)コドモムゲンカンパニー)
※振込先はゆうちょ銀行の口座です。

〇ゆうちょ銀行からお振込みの場合
記号:18160 番号:24803891

〇他行からお振込みの場合
店名:八一八 / 普通預金 / 口座番号:2480389

よろしくお願いいたします!

2018/03/01/

2018年3月の予定表

◎3月のスケジュール

3月はこんな予定

さあ、ここから、またどんなイベントがふえて

どんな出会いやら、発明やら、展開がうまれるか

たのしみやーん

フラットかもーん。

誰でもきていいんだよーん。

えりっちょ
*********************************************
いつもご支援ありがとうございます。こどぱにーの活動は、全国の活動を応援してくださる個人や団体、企業の方々、地域でこどもを想い協力してくださる皆様からの寄付や会費、活動に賛同してくださる団体さまからの助成金により運営させていただいております。今後ともどうぞご支援よろしくおねがいいたします。