2016年 02月 27日 風力発電&自転車発電機の寄贈式

 

報告が遅くなってしまいましたが、一般社団法人希望の環様(石巻の食品生産者団体)が全国の幼稚園、小中高校、大学に呼びかけて開催した「東北復興支援販売会・パネル展」で売り上げから、今年は黄金浜のあそび場の子ども達に寄付してくださる事が決まり、2月27日(土)に寄贈式を行いました。

 
 
 
 
 
 

 去年の夏、このお話をいただいた時に「何が必要ですか?」と聞かれ答えたのが「風力発電機」と「自転車発電機」でした。

 ☆その理由は・・・

風力発電機→自然エネルギーで電気を生み出す事を子ども達に日常の中で伝えたい。ランニングコストの軽減。

 自転車発電機→自分で使いたい電気は自分でつくる!(ゲームの充電がしたくてもゴールドビーチの電気を使うのは違うもんね)

 寄贈式では両方を試験運転させましたが、子どもも大人も大興奮!

 
 
 
 

大人もこぎたーい!と張り切っていました(笑)

 
 
 
 

自転車発電機は、一人が自転車を押さえてもう一人が自転車をこいだのですが、必死にこがないと電気が作れないので一生懸命交代しながらこぎました☆

 
 
 
 

 風力発電は、風をうけてビュンビュンと回って、回ることで電気が作られるなんてすごいね~!かっこいい!とじーっと見ていました。

 恥ずかしがって隠れた子もいましたが、集まったみんなで記念写真も撮りました。

 
 
 
 

 全国の会った事がなくても、希望の環さんの呼びかけを聞いて、賛同してくれた人たちがたくさんいて下さって本当に感謝します。こうやってたくさんの人たちの温かい気持ちを知り、嬉しかったです。子ども達や地域の方たちと一緒にこれから大事に使わせていただきます。

 これからも、どうぞこどぱにーの活動を応援して下さい!

てと