2015年 09月 20日 ウインナー焼きはいかがですか~?

 

9月20日に地域でお祭りがありました。

『やりた~い!』そういって小1~小5の男女5人が集まり、お祭りの日までに販売個数、値段、必要な物などを何度も話し合い、自分達で考えて、お店はたこ焼きならぬ、ウインナー入りの“ウインナー焼き屋さん”に決定☆

 時には意見がぶつかって喧嘩したりグチを言ったりしながらも、練習する為に毎週ウインナー焼きを焼きながら、分量や焼き方、焼き時間を工夫していました。

当日、朝早く集合して打ち合わせ~!

 
 
 
 

そして、準備やお店の飾りつけをみんなで協力してやりました。

 
 
 
 

販売開始!

子ども達は順番に焼いたり、接客していました。
少しずつお客さんが増えていき、お昼頃にはお店は大盛況!

 
 
 
 

美味しそうでしょ~♡

 
 
 
 

ただ、焼くのが間に合わず予約待ちに何度もなっていても、マイペースな子ども達についつい手や口を出したくもなったのですが…そこは我慢して子ども達を見守っていました。

集中力が切れる事もあるけれど、それでも頑張って焼いたり販売していました。
焼く数をこなすにつれて、腕をあげていき、呼びかけも頑張って売り切った子ども達。

 
 
 
 

「お祭りが後30分で終わるから、値下げしたら最後もっと売れるかもしれないし、値下げするか~?」と会場の方が言って下さったのですが、子ども達はみんなで相談して、『値下げはせずに売ります!』と答えていました。

そして、お祭りが終わるギリギリの時間まで、「いらっしゃいませ~!美味しいですよ!」と声をかけて販売していました。

 
 
 
 

自分達で売るんだ!頑張るんだ!という気持ちが、だんだんやっていく内に一人一人の中で芽生えて、みんな同じ気持ちになったんだなぁ~と感じました。

 
 
 
 

そうして無事に終わったこの日の売り上げは、16000円もありました!

 
 
 
 

売りあげから、黄金浜のあそび場でどんな物が欲しいかみんなで話し合って、後日買い出しに行くことにしました。

子ども達、暑い中本当に良く頑張ったね!

 11月に石巻専修大学で開催される❝子どもの権利条約フォーラム2015❞にも、お店が出せる事を知ると、「やりたい!」と言っていました。
子ども達のやる気はすごいです!

今回の経験を活かして、更にパワーアップした姿を見られるのだろうなぁ~と思うと、今から楽しみで仕方ありません♪

てと