2015年 07月 08日 ぼくたちがんばったよ♪

 

皆さんは自主保育って知っていますか?

自主保育とは、地域の親たちがグループを作り、0歳~6歳の就学前の子ども達の生活や成長の場を、保育園や幼稚園に任せるのではなく、お母さん達が交代で野外で預け合い、自分の子も、よその子も見守り合う活動の事です。

私たちも石巻で自主保育サークルを作っていけたらよいなぁ~と思っています。

そんな中、素敵な出来事がありました。

「育児に家事、なかなか自分の時間が取れないの。でも、夏だしそろそろ髪の毛を切りに行きたいなぁ~。一時保育に預けようかなぁ~」と言っていたとあるお母ちゃん。

すると、「行って来たらいいよ~。一緒に見とくから。また自分もお願いする時があるかもしれへんし、その時も頼みやすいから~」と他のお母ちゃんが言ってくれました。

そして、翌日子ども達をあそび場に預けてみる事になりました。

お母ちゃんが車に乗って出発するのを手を振って見送ったK君と、妹のYちゃん。

待っている間は滑り台を滑ったり、もらったビワやお菓子を食べたり、他のお母ちゃん達が「抱っこしようか~?」とYちゃんを抱っこしてくれたり、話しかけてくれたり、一緒に遊んだりしながら時間を過ごしました。

 
 
 
 
 
 

1時間ちょっと経ったくらいに、手を引っ張って道路をじーっと見に行ったkくん。
「もうちょっと待ってたらお母ちゃん帰って来るからね~。」と言うと、「うんっ!」と言って頷いました。

お母ちゃんが帰って来て、「ごめんね~遅くなって。」と言ってkくんを抱っこすると、静かにポロポロと泣き始めたkくん。

 
 
 
 

「寂しかった~?」と言われると、「うんっ。」と言っていました。

お母ちゃんが帰って来るまで、泣かずによくがんばったね☆

てと