あそび場

あそび場とは

「あそび」は可能性を∞(むげん)に秘めた「生きる力」です。その『生きる力』を育む場所が「あそび場」と考えています。

■子どもにとってあそびとは

 遊びは、子どもにとって生きることそのもの!
「やってみたい」「作ってみたい」の好奇心や、やってみて成功した喜び、失敗した時の悔しい思いも、すべてが子どもの成長に大切なことです。
大人が与えるのではなく、子ども自身が考えて決断し、自分の責任で遊ぶことが本来の「遊び」だと考えています。

■あそび場の役割

・いつでも行ける!誰でも遊べる!みんなの居場所
・やってみたい!に挑戦できる場所
・子どもと子ども、子どもと大人、大人とおとなが繋がる場所
・子どもから大人まで、来ると楽しくなって、みんながホッとできる場所

■あそび場で大切にしていること

・土(つち)・水(みず)・火(ひ)・木(き)とふれ合うあそび‼
 自然の力を、五感で感じながら思いっきり遊ぼう。
・「だめ!」のないあそび場‼
 頭ごなしに抑制せずに、一緒に考えてやってみよう。
・地域で子どもを育てる‼
 未来を担う「みんなの子ども」の成長を地域のみんなで見守ろう。
・子どもも大人もみんな一緒‼
 子どもから、昔子どもだった大人も一緒のみんなの居場所。
・自由な発想力を尊重し、創造力を育む‼
 「作りたいものを作る」「あそびのルールは子ども達と一緒に決める」限りない子どもの可能性の芽を伸ばそう。